あせらずゆっくり対策しましょう

犬にはいろいろな症状がありますが、中でもアトピー性皮膚炎には有名です。

アトピー性皮膚炎の原因として、ハウスダストや花粉などがあげられます。

しかし、このような物質を部屋から完全に除去すのは難しいので、
アトピー用薬用シャンプーを利用すると便利です。

薬用シャンプー

パピヨンは比較的体が強いですが、中にはアトピーに悩んでいる子もいるので
アレルゲンをこまめに取り除き、かゆみが強いならステロイド治療が一般的です。

必須脂肪酸が含まれたサプリメントも効果的で、ドライスキンといった
乾燥肌のパピヨンがアトピーになりやすいようなので
保湿シャンプーなども最適です。

アトピー性皮膚炎は完治するのが難しいので、ゆっくりあせらず
対策していくと、パピヨンの不快な症状を改善することができます。

ブリーダーに相談するとどのような治療をすればよいのかや、
おすすめの獣医師などをアドバイスしてくれるので便利です。

実際アトピーで苦しんでいる子を多く見てきているので、
ブリーダーからは実体験に基づいたアドバイスを受けることができます。

パピヨンのアレルゲンが何か特定してあげるため、検査をしたり
物質の除去や軽減を心掛けていると、少しずつ緩和することができるでしょう。

湿疹やかゆみが現れます

アレルギーは動物の中に異物が混入した際、体が取り除こうと
ある物質を作り出します。

この物質が抗体ですが、動物によっては無害な物も体が過剰反応してしまい、
抗体が作られたことによって体に悪影響を及ぼすケースがあります。

このようなことをアレルギー症状と呼んでいて、症状が出ると
かゆみが出たり抜け毛があり、さまざまな辛い症状が現れることが多いです。

パピヨンの健康

原因になる物質をアレルゲンと呼んでいて、アレルゲンを特定することが治療には欠かせません。

原因としてノミやダニ、食べ物やハウスダストなどいろいろあります。

食べているフードが原因になったり、鶏肉や牛肉を食べていると
反応が出ることがあるので注意が必要です。

食品以外でもアレルゲンを特定したい場合、血液検査で
詳しく調べることができます。

症状として湿疹やかゆみがあり、ステロイドを使うことがありますが
急激な症状の緩和には向いています。

しかし長期になると体への負担が心配されるので医師の指示に従う必要があります。

パピヨンは比較的アレルギーには強いですが、中にはかゆみなどで
悩んでいる子もいるでしょう。

パピヨンの中には混合ワクチンに対して発症することもあり、
特定メーカーのものだけに対して反応が出るという
ケースもあるので注意が必要です。

パピヨンがワクチンを接種する場合、午前中に接種し症状が現れたら
対応できるようにしましょう。

犬の平均寿命は30年で倍近くに|犬を取り巻く環境の変化

現代は犬の平均寿命は30年前に比べ約2倍近くにまで延びていると言う
結果が報告されています。

30年前は犬の平均寿命はおよそ7.5歳であったのに対し、平成26年のデータでは
14.17歳にまでなってており、非常にその寿命が長くなっていることがわかります。

その理由には様々なものが考えられますが、その中でも特に大きな要因となって
いるのが医療を取り巻く環境の充実と、食生活の改善です。

 

30年前の犬はそのほとんどは家の外に鎖で繋がれ、食べるものは人間の食事の
残り物と言うケースが少なくありませんでした。

当時からドッグフードは存在していましたがこれらは高級品であり、またその品質も
牛や豚の人間の食べない部分を固めて配合していたり、または人工的に作ったものが
多かったため十分な栄養素が含まれたものではなかったのも事実です。

これに比べて現代のドッグフードは栄養学的に非常に考慮されており、中には
人間が食べても十分な栄養素が配合されていると考えられるものも増えています。

医療の充実

年齢層によりその成分が配合されているものも増えており、体調に合わせて
食べられるようになっているのも特徴です。

また環境についても昔は家の外で買うことがほとんどでしたが、最近では家の中で
飼うと言う人も非常に増えており、体調を常に管理することができる環境にあります。

これに加えて医療の充実も非常に大きな要因となっており、すぐに見てもらうことが
できる病院が増えているほか、適切な健康管理を行うための薬や治療法も確立されて
いることから、犬が長生きをすることができる環境が整っていることが要因と考えら
れます。

長生きになった

人間の寿命もこの30年で変化していますが、これは食生活の改善と医療の充実に
よるものと考えられています。

同様に犬の寿命が延びているのも同じような環境の変化が要因となっているほか、
愛犬に愛情を注ぐ飼い主が非常に増えていることも大きな理由と考えられるのです。