パピヨンの飼い方を詳しく知るならこのサイトが最適!

最近急にペットを飼いたいと思い始めるようになってきた、または一人でいることに寂しさを覚えて本格的にペットが欲しいと思っているなど、何か一つでも思い当たるのであればぜひパピヨンブリーダー.comをチェックしてみてください。

日本には多種多様な種類の犬種がたくさん存在していますが、なかでも最近特に人気を集めているのが可愛らしい見た目が特徴的なパピヨンになります。

なぜそこまでパピヨンが注目を集めているのかと言うと、おっとりとした優しい瞳が癒しを与えてくれることはもちろんのこと、小型犬なので一人暮らしでも飼いやすいといったメリットがあるからかもしれません。

飼いやすい小型犬

また、パピヨンの性格について詳しく紹介していくと、ほとんどの子達が聡明でとても賢いタイプであることや、人に対してかなり友好的で人懐っこい性格である点が人気の理由の一つとされています。

パピヨンブリーダー.comではこうしたパピヨンに関する特徴を正確に教えてくれるばかりでなく、最新の情報までいち早く知ることができるのでチェックしてみて損はないでしょう。

少しでも動物を飼ってみたいと考えているのであれば、一度じっくりとサイトを使って考えてみてはいかがでしょうか。

パピヨンの基本情報や正しい飼い方について解説!

パピヨンはとても聡明で賢い考えを持っている犬種なので、飼ううえで絶対に注意しておいた方が良い点などは滅多にありません。

しかし、選ぶ子によって多少性格に違いはあるものなので、これから購入を検討していたり譲渡の予定がある場合には、正しい飼い方についてや基本情報をしっかりと知っておきましょう。

まず、パピヨンは遊ぶことがとても大好きなことが多い為、室内で飼う場合であっても毎日30分程度は運動させる時間を設けてあげてください。

パピヨンに必要な運動量

また、他の犬種と比べても少しだけ毛が長いといった特徴を持っているので、抜け毛で部屋中を汚してしまわないように定期的なブラッシングを行うと良いでしょう。

パピヨンの基本的な情報については、ペットショップやブリーダーから購入したり譲渡してもらう場合、担当してくれるスタッフの方にちゃんと説明を受けておいた方が得策です。

選ぶ子によっては少しばかり虚弱体質であることが予想されたり、あまり食事を多くとらないことがあるなど注意しておくべき点がみえたりするので、可能なかぎり事前情報は確保しておきたいところです。

さらに、希望する方に対しては親の情報を教えてくれるブリーダーもいたりするので、知りたい方は一度声をかけて個人的な情報を襲えてもらうのも良いかもしれません。

小型犬の中では運動量が豊富で活発な犬

大きな耳と美しい飾り毛が特徴のパピヨンは、見ているだけで抱きしめたくなるような愛らしさがあります。

中世ヨーロッパでは、王侯貴族に愛されていました。
パピヨンは、王侯貴族が集う宮廷で暮らしていたこともあります。

そんな愛らしい見た目とは裏腹に、パピヨンは非常に活発に動き回る犬種です。
小型犬の中では運動量が多いので、パピヨンを飼う際にはそれを理解しておく必要があります。

スポーツが得意なパピヨン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小型犬ですが家の中だけでは、十分な運動量を確保することはできません。
日頃から十分な散歩を行うことが大切です。
1日の散歩の目安としては、30分程を2回行うのが理想になります。

ただ歩くだけではなく、ボール遊びや追いかけっこ等の遊びを取り入れてあげるのがおすすめです。ドッグランではリードをつけなくていいので、思いっきり遊ぶことができます。

天候が悪くて外に出られないような時には、家の中で柔らかいボールやおもちゃ等を使ってたっぷりと遊ばせるようにしましょう。

夏の暑い時期は道路のアスファルトが高温になって危険なので、陽が沈んで暑さが和らいでからや暑くなる前の早朝などに散歩をするのがおすすめです。

土のある場所の方が、アスファルトよりも熱くなりません。

運動神経抜群でスポーツにも最適

パピヨンは身体能力が高く運動神経抜群なので、ドッグスポーツに挑戦するのも最適です。

ドッグスポーツには色々な競技がありますが、その中でもパピヨンに向いているのはアジリティーになります。
アジリティーは、人と犬がペアを組みハードルやシーソーといった障害物をクリアしていく競技です。

ドッグスポーツに参加

犬に指示を出す人はハンドラーと呼ばれ、ハンドラーは状況に応じて適切な指示を出すことが求められます。
犬もハンドラーが言っていることをすぐに理解することが求められるので、お互い呼吸を合わせることが重要になります。

アジリティーを始めた当初は難しいと感じるかもしれませんが、何度も練習を繰り返すことで徐々に慣れていきます。

パピヨンは体を動かすのが楽しいので、無理にスポーツに取り組んでいるわけではありません。
大好きな飼い主と遊んでいる感覚で、楽しい気持ちを持ちながらアジリティーに取り組めます。

最初は出来なかった課題を一つ一つクリアしていくことで、大きな達成感を味わうこともできます。
飼い主にとってもあまり体力は必要ないので、体力にあまり自信がない人にもおすすめです。

ドッグスポーツの大会なども開かれているので、そういった場にも参加できます。

ブラッシングの関係性について

パピヨン犬も含めて、犬は汗をかきませんのでシャンプーは2~3週間に1度程度で事足ります。ですが、散歩等に行けば相応に汚れますし、毛玉対策の意味も考えるのでしたら、定期的なブラッシングはパピヨン犬にとって重要性を持って来ます。

子犬の内は、大きさが小さい事もありますので毎回ブラッシングをする必要はありませんが小さい頃からやられているのと、そうでないのでは大きくなってからの慣れの点で大きい差が出ます。

もしもやるのでしたら、狙い所は耳の下部分の裏付近を注視して下さい。この付近は特に毛玉になりやすく、櫛を使ったりすると効率よく処理が出来ます。

毛並みを整える

特にパピヨン犬の特徴である耳の下の飾り毛を強調したい様な目論見がある場合は必須と言っても過言ではありません。

また、実行しようとする際の重要なポイントとしては、暴れて嫌がる犬も多かったりするため、その時に強引に押さえつけない様にする事が大切です。

これに失敗してしまうと、長じてから本格的な苦手意識を持ってしまう様な事も無いではありませんので、しっかり静止出来た時には褒めちぎるといった方法等で上手くバランスを取る事をお勧めします。

ちなみに、注意点としてバリカンはベテラン向きの機材と思って下さい。慣れない飼い主が使ってしまうと皮膚もろともやってしまう事がありますので、櫛からスタートしてまずはコツを掴む事が肝心です。

ブラシの選び方について

基本的にはピンブラシ、コームブラシの2種類があれば、パピヨン犬対応には事足ります。ちなみに、毛を抜く為の道具でスリッカータイプの物もあったりしますが、シングルコートのパピヨン犬に投入してしまうと負担が大きくなってしまうので、避けた方が賢明です。

後はコームタイプの物はパピヨン犬の毛のもつれだったり、毛玉が何かを全体的に確認する為の物になります。続いてピンタイプの方は中型犬や毛が長い種類の犬に使う時に重宝し、差ほど徹底しないまでも、大まかにでも身だしなみを整えてあげたいという様な時に投入する物と考えて下さい。

注意点としては、ピンタイプの物はピンがハードとソフトの2種類ありますが、パピヨン犬に使う場合はソフトタイプの物を使う事をお勧めします。

特に肌にピンが当たってしまう様な事が無い様にソフト目に道具を使う事を常に意識して下さい。

優しくブラッシング

犬種全体の特徴とも言えますが、パピヨン犬は基本的に毛が繊細です。春と秋に毛が生え変わる時期があり、そういった新陳代謝が活発な時に大きい刺激を与えてしまうのは余り良い事ではありませんので、道具選びの段階からその辺りは警戒しておく方が安定します。

全体的なケアで道具を絞りたいという場合には、コームタイプの物のみで実施するというのも1つです。コームタイプであるならば、全方面に平均的に対応可能となります。

あせらずゆっくり対策しましょう

犬にはいろいろな症状がありますが、中でもアトピー性皮膚炎には有名です。

アトピー性皮膚炎の原因として、ハウスダストや花粉などがあげられます。

しかし、このような物質を部屋から完全に除去すのは難しいので、
アトピー用薬用シャンプーを利用すると便利です。

薬用シャンプー

パピヨンは比較的体が強いですが、中にはアトピーに悩んでいる子もいるので
アレルゲンをこまめに取り除き、かゆみが強いならステロイド治療が一般的です。

必須脂肪酸が含まれたサプリメントも効果的で、ドライスキンといった
乾燥肌のパピヨンがアトピーになりやすいようなので
保湿シャンプーなども最適です。

アトピー性皮膚炎は完治するのが難しいので、ゆっくりあせらず
対策していくと、パピヨンの不快な症状を改善することができます。

ブリーダーに相談するとどのような治療をすればよいのかや、
おすすめの獣医師などをアドバイスしてくれるので便利です。

実際アトピーで苦しんでいる子を多く見てきているので、
ブリーダーからは実体験に基づいたアドバイスを受けることができます。

パピヨンのアレルゲンが何か特定してあげるため、検査をしたり
物質の除去や軽減を心掛けていると、少しずつ緩和することができるでしょう。

湿疹やかゆみが現れます

アレルギーは動物の中に異物が混入した際、体が取り除こうと
ある物質を作り出します。

この物質が抗体ですが、動物によっては無害な物も体が過剰反応してしまい、
抗体が作られたことによって体に悪影響を及ぼすケースがあります。

このようなことをアレルギー症状と呼んでいて、症状が出ると
かゆみが出たり抜け毛があり、さまざまな辛い症状が現れることが多いです。

パピヨンの健康

原因になる物質をアレルゲンと呼んでいて、アレルゲンを特定することが治療には欠かせません。

原因としてノミやダニ、食べ物やハウスダストなどいろいろあります。

食べているフードが原因になったり、鶏肉や牛肉を食べていると
反応が出ることがあるので注意が必要です。

食品以外でもアレルゲンを特定したい場合、血液検査で
詳しく調べることができます。

症状として湿疹やかゆみがあり、ステロイドを使うことがありますが
急激な症状の緩和には向いています。

しかし長期になると体への負担が心配されるので医師の指示に従う必要があります。

パピヨンは比較的アレルギーには強いですが、中にはかゆみなどで
悩んでいる子もいるでしょう。

パピヨンの中には混合ワクチンに対して発症することもあり、
特定メーカーのものだけに対して反応が出るという
ケースもあるので注意が必要です。

パピヨンがワクチンを接種する場合、午前中に接種し症状が現れたら
対応できるようにしましょう。

犬の平均寿命は30年で倍近くに|犬を取り巻く環境の変化

現代は犬の平均寿命は30年前に比べ約2倍近くにまで延びていると言う
結果が報告されています。

30年前は犬の平均寿命はおよそ7.5歳であったのに対し、平成26年のデータでは
14.17歳にまでなってており、非常にその寿命が長くなっていることがわかります。

その理由には様々なものが考えられますが、その中でも特に大きな要因となって
いるのが医療を取り巻く環境の充実と、食生活の改善です。

 

30年前の犬はそのほとんどは家の外に鎖で繋がれ、食べるものは人間の食事の
残り物と言うケースが少なくありませんでした。

当時からドッグフードは存在していましたがこれらは高級品であり、またその品質も
牛や豚の人間の食べない部分を固めて配合していたり、または人工的に作ったものが
多かったため十分な栄養素が含まれたものではなかったのも事実です。

これに比べて現代のドッグフードは栄養学的に非常に考慮されており、中には
人間が食べても十分な栄養素が配合されていると考えられるものも増えています。

医療の充実

年齢層によりその成分が配合されているものも増えており、体調に合わせて
食べられるようになっているのも特徴です。

また環境についても昔は家の外で買うことがほとんどでしたが、最近では家の中で
飼うと言う人も非常に増えており、体調を常に管理することができる環境にあります。

これに加えて医療の充実も非常に大きな要因となっており、すぐに見てもらうことが
できる病院が増えているほか、適切な健康管理を行うための薬や治療法も確立されて
いることから、犬が長生きをすることができる環境が整っていることが要因と考えら
れます。

長生きになった

人間の寿命もこの30年で変化していますが、これは食生活の改善と医療の充実に
よるものと考えられています。

同様に犬の寿命が延びているのも同じような環境の変化が要因となっているほか、
愛犬に愛情を注ぐ飼い主が非常に増えていることも大きな理由と考えられるのです。