栄養価の高いフードをあげよう

パピヨンのような活発な小型犬は、ソファといった高い場所からジャンプすると、骨折したり脱臼することが多いです。

ソファに登らせないようにすることもできますが、体を支えている丈夫な骨やたくましい筋肉を作ることが大切なポイントです。

子犬のうちから意識し、栄養素の高い子犬のフードを与えましょう。
動物性たんぱく質によって強い体を作ることができ、お肉を食べることから摂取することができます。

良質なドッグフード

植物性たんぱく質は大豆や小麦に含まれている栄養素で、動物性たんぱく質のように意識して摂らなくても大丈夫です。
少量の穀物でも十分な量を摂取することができ、カルシウムやビタミンから丈夫な骨を作っていきます。

パピヨンの子犬には魚は必要で、カルシウムは子犬の骨を作りビタミンはカルシウムを定着する役割があります。
お魚はオメガ3脂肪酸が含まれており、便秘解消やストレス解消など魅力的な効果を期待することが可能です。

良質な魚が入った子犬のドッグフードはやや値段が高いですが、その分大切な栄養素がたくさん含まれています。
体に毒素を溜めないよう意識することが必要で、お腹に負担のある食事を続けている場合、免疫力が弱くなり皮膚トラブルといった症状が現れます。

子犬の頃から健康を維持することはとても重要です。

専門家に相談することが可能です

パピヨンの子犬のドッグフードとして、動物性たんぱく質が豊富だったり魚が含まれているものをおすすめします。
栄養が濃縮されていて、消化吸収率の高い低アレルゲンが良いでしょう。

無添加で人も食べられるような食材だけを使用しているものなら安心です。
徹底された品質管理において製造されているものを購入し、安全・安心して使用できるものを選択していきましょう。

パピヨンをペットショップで購入する人もいますが、ブリーダーから手に入れる人が増えています。ブリーダーはパピヨンなど犬の繁殖を行なったり、世話やしつけなど行ない流通させる仕事です。
パピヨンなど犬に惚れ込んでいて、その犬種の基準になっている体重や体高・体の形などについて良く理解しています。

パピヨンへの理解

適切な繁殖を行っているところが多く、遺伝性疾患や感染症についてもきちんと管理しているものです。

パピヨンの遺伝性や繁殖、獣医学などの知識を持っていて経験を重ねながら日々取り組んでいます。
育てられた子犬は健康で、社交的なことが多いです。

購入した後も専門家に相談することができ、マージンのない適正な価格で入手することができます。
子犬のフードもブリーダーから購入することができ、いろいろなメリットを得ることができます。

とってもフレンドリーなパピヨン

パピヨンは非常に賢く、順応性に優れている犬種です。
中世ヨーロッパで貴婦人に好かれたという話も残っており、
非常に活発な性格でも知られています。

よく吠えるイメージも持たれていますが、実際には
非常にフレンドリーな犬種で、人なつっこい特徴があります。

社交性が高い

小型犬ですが非常に元気な性格で、子供の遊び相手にも
適しています。

また、大胆でもありますが、繊細な面もあり甘え上手な犬として
パピヨンは知られています。

繊細な面があるので飼い主の気分の察知が上手ですが、
飼い主の機嫌があまりにも悪い状態が続くと臆病になってしまいます。

基本的にはとてもフレンドリーな性格をしているので、
子供だけではなく他のペットにもすぐに慣れて、一緒に遊び始めます。

他のペットと遊ぶときもあまり喧嘩はしないので、
長時間遊ばせておくこともできます。

しかし、相手が猫の場合、ネコの方の警戒心が強いと、
寄ってくるパピヨンにストレスを感じてしまい、
いざこざが起こることもあるので、その点には注意が必要です。

猫と一緒に

一般的に、犬が先に住み始めて家に、猫が後から来る場合は
いざこざは起こりにくくなります。

パピヨンは非常に賢く、フレンドリーな性格が特徴です。
慣れてくると見知らぬ人にも吠えなくなりますが、
あまりにも甘やかしすぎると、それを逆手に取り
攻撃的になることもあります。

子供や他のペットともすぐに仲良くなるので、
多くのペットを飼いたい方には推奨される犬種です。