栄養価の高いフードをあげよう

パピヨンのような活発な小型犬は、ソファといった高い場所からジャンプすると、骨折したり脱臼することが多いです。

ソファに登らせないようにすることもできますが、体を支えている丈夫な骨やたくましい筋肉を作ることが大切なポイントです。

子犬のうちから意識し、栄養素の高い子犬のフードを与えましょう。
動物性たんぱく質によって強い体を作ることができ、お肉を食べることから摂取することができます。

良質なドッグフード

植物性たんぱく質は大豆や小麦に含まれている栄養素で、動物性たんぱく質のように意識して摂らなくても大丈夫です。
少量の穀物でも十分な量を摂取することができ、カルシウムやビタミンから丈夫な骨を作っていきます。

パピヨンの子犬には魚は必要で、カルシウムは子犬の骨を作りビタミンはカルシウムを定着する役割があります。
お魚はオメガ3脂肪酸が含まれており、便秘解消やストレス解消など魅力的な効果を期待することが可能です。

良質な魚が入った子犬のドッグフードはやや値段が高いですが、その分大切な栄養素がたくさん含まれています。
体に毒素を溜めないよう意識することが必要で、お腹に負担のある食事を続けている場合、免疫力が弱くなり皮膚トラブルといった症状が現れます。

子犬の頃から健康を維持することはとても重要です。

専門家に相談することが可能です

パピヨンの子犬のドッグフードとして、動物性たんぱく質が豊富だったり魚が含まれているものをおすすめします。
栄養が濃縮されていて、消化吸収率の高い低アレルゲンが良いでしょう。

無添加で人も食べられるような食材だけを使用しているものなら安心です。
徹底された品質管理において製造されているものを購入し、安全・安心して使用できるものを選択していきましょう。

パピヨンをペットショップで購入する人もいますが、ブリーダーから手に入れる人が増えています。ブリーダーはパピヨンなど犬の繁殖を行なったり、世話やしつけなど行ない流通させる仕事です。
パピヨンなど犬に惚れ込んでいて、その犬種の基準になっている体重や体高・体の形などについて良く理解しています。

パピヨンへの理解

適切な繁殖を行っているところが多く、遺伝性疾患や感染症についてもきちんと管理しているものです。

パピヨンの遺伝性や繁殖、獣医学などの知識を持っていて経験を重ねながら日々取り組んでいます。
育てられた子犬は健康で、社交的なことが多いです。

購入した後も専門家に相談することができ、マージンのない適正な価格で入手することができます。
子犬のフードもブリーダーから購入することができ、いろいろなメリットを得ることができます。

あせらずゆっくり対策しましょう

犬にはいろいろな症状がありますが、中でもアトピー性皮膚炎には有名です。

アトピー性皮膚炎の原因として、ハウスダストや花粉などがあげられます。

しかし、このような物質を部屋から完全に除去すのは難しいので、
アトピー用薬用シャンプーを利用すると便利です。

薬用シャンプー

パピヨンは比較的体が強いですが、中にはアトピーに悩んでいる子もいるので
アレルゲンをこまめに取り除き、かゆみが強いならステロイド治療が一般的です。

必須脂肪酸が含まれたサプリメントも効果的で、ドライスキンといった
乾燥肌のパピヨンがアトピーになりやすいようなので
保湿シャンプーなども最適です。

アトピー性皮膚炎は完治するのが難しいので、ゆっくりあせらず
対策していくと、パピヨンの不快な症状を改善することができます。

ブリーダーに相談するとどのような治療をすればよいのかや、
おすすめの獣医師などをアドバイスしてくれるので便利です。

実際アトピーで苦しんでいる子を多く見てきているので、
ブリーダーからは実体験に基づいたアドバイスを受けることができます。

パピヨンのアレルゲンが何か特定してあげるため、検査をしたり
物質の除去や軽減を心掛けていると、少しずつ緩和することができるでしょう。

湿疹やかゆみが現れます

アレルギーは動物の中に異物が混入した際、体が取り除こうと
ある物質を作り出します。

この物質が抗体ですが、動物によっては無害な物も体が過剰反応してしまい、
抗体が作られたことによって体に悪影響を及ぼすケースがあります。

このようなことをアレルギー症状と呼んでいて、症状が出ると
かゆみが出たり抜け毛があり、さまざまな辛い症状が現れることが多いです。

パピヨンの健康

原因になる物質をアレルゲンと呼んでいて、アレルゲンを特定することが治療には欠かせません。

原因としてノミやダニ、食べ物やハウスダストなどいろいろあります。

食べているフードが原因になったり、鶏肉や牛肉を食べていると
反応が出ることがあるので注意が必要です。

食品以外でもアレルゲンを特定したい場合、血液検査で
詳しく調べることができます。

症状として湿疹やかゆみがあり、ステロイドを使うことがありますが
急激な症状の緩和には向いています。

しかし長期になると体への負担が心配されるので医師の指示に従う必要があります。

パピヨンは比較的アレルギーには強いですが、中にはかゆみなどで
悩んでいる子もいるでしょう。

パピヨンの中には混合ワクチンに対して発症することもあり、
特定メーカーのものだけに対して反応が出るという
ケースもあるので注意が必要です。

パピヨンがワクチンを接種する場合、午前中に接種し症状が現れたら
対応できるようにしましょう。

犬の平均寿命は30年で倍近くに|犬を取り巻く環境の変化

現代は犬の平均寿命は30年前に比べ約2倍近くにまで延びていると言う
結果が報告されています。

30年前は犬の平均寿命はおよそ7.5歳であったのに対し、平成26年のデータでは
14.17歳にまでなってており、非常にその寿命が長くなっていることがわかります。

その理由には様々なものが考えられますが、その中でも特に大きな要因となって
いるのが医療を取り巻く環境の充実と、食生活の改善です。

 

30年前の犬はそのほとんどは家の外に鎖で繋がれ、食べるものは人間の食事の
残り物と言うケースが少なくありませんでした。

当時からドッグフードは存在していましたがこれらは高級品であり、またその品質も
牛や豚の人間の食べない部分を固めて配合していたり、または人工的に作ったものが
多かったため十分な栄養素が含まれたものではなかったのも事実です。

これに比べて現代のドッグフードは栄養学的に非常に考慮されており、中には
人間が食べても十分な栄養素が配合されていると考えられるものも増えています。

医療の充実

年齢層によりその成分が配合されているものも増えており、体調に合わせて
食べられるようになっているのも特徴です。

また環境についても昔は家の外で買うことがほとんどでしたが、最近では家の中で
飼うと言う人も非常に増えており、体調を常に管理することができる環境にあります。

これに加えて医療の充実も非常に大きな要因となっており、すぐに見てもらうことが
できる病院が増えているほか、適切な健康管理を行うための薬や治療法も確立されて
いることから、犬が長生きをすることができる環境が整っていることが要因と考えら
れます。

長生きになった

人間の寿命もこの30年で変化していますが、これは食生活の改善と医療の充実に
よるものと考えられています。

同様に犬の寿命が延びているのも同じような環境の変化が要因となっているほか、
愛犬に愛情を注ぐ飼い主が非常に増えていることも大きな理由と考えられるのです。

販売できる生後の日数は何日後から?幼齢動物の販売規制

法律動物の愛護及び管理に関する法律の一部が平成24年9月に改正され、
改正動物愛護管理法が公布されました。

そして平成25年9月1日から施行されています。

この法律では動物を飼ってから寿命を迎えるまでしっかりと責任をもって
行うことや、動物取扱業者が動物を適切に取り扱いし、さらに推進などを
することが目的です。

動物取扱業者に対しても規制が厳しくなっています。

動物と人が共生して暮らしやすい社会になるようにという願いが
込められています。

ペット

改正動物愛護管理法が施行されてから3年間は、幼齢の動物を販売する際は
生後45日が経っていないと犬及び猫を売ることができません。

3年間が終了した後は生後56日になります。

幼齢の動物は生まれてから早い段階で親兄弟と離ればなれになってしまうと、
かみ癖や吠え癖が発生する恐れがあり危険です。

特に犬及び猫がこれに当てはまります。

このような状態になってしまった犬や猫が増加してしまうと、飼い主は
飼育するのが大変になってしまいます。

その結果、遺棄や都道府県にある保護施設に引き取ってもらうことになる
原因に繋がるでしょう。

そういったことを防止するために、定められた期間を親兄弟などと一緒に過ごし、
売ったり展示することを禁止するようにしました。

早い段階から親と離ればなれになることが問題となっていますが、
近年は飼育環境や取り扱われている品種が変わってきています。

最低限必要とする日数がどれくらいなのかはまだ研究の途中です。

規制を守るためには販売規制に対する担保措置や生年月日の証明などといった
ことをしっかりと充実させることが重要です。

今後、国は子を親から引き離すタイミングについて十分に調べて、
マイクロチップなどを活用しながら検証結果をもとに日数を設定していきます。

第一種動物取扱業者が哺乳類・爬虫類・鳥類などの動物を売るときは購入者に対して
対面で動物の状況を見せて必要な情報を伝えることが義務となりました。

直接見て説明を受けることでトラブルを回避しやすくなります。

とってもフレンドリーなパピヨン

パピヨンは非常に賢く、順応性に優れている犬種です。
中世ヨーロッパで貴婦人に好かれたという話も残っており、
非常に活発な性格でも知られています。

よく吠えるイメージも持たれていますが、実際には
非常にフレンドリーな犬種で、人なつっこい特徴があります。

社交性が高い

小型犬ですが非常に元気な性格で、子供の遊び相手にも
適しています。

また、大胆でもありますが、繊細な面もあり甘え上手な犬として
パピヨンは知られています。

繊細な面があるので飼い主の気分の察知が上手ですが、
飼い主の機嫌があまりにも悪い状態が続くと臆病になってしまいます。

基本的にはとてもフレンドリーな性格をしているので、
子供だけではなく他のペットにもすぐに慣れて、一緒に遊び始めます。

他のペットと遊ぶときもあまり喧嘩はしないので、
長時間遊ばせておくこともできます。

しかし、相手が猫の場合、ネコの方の警戒心が強いと、
寄ってくるパピヨンにストレスを感じてしまい、
いざこざが起こることもあるので、その点には注意が必要です。

猫と一緒に

一般的に、犬が先に住み始めて家に、猫が後から来る場合は
いざこざは起こりにくくなります。

パピヨンは非常に賢く、フレンドリーな性格が特徴です。
慣れてくると見知らぬ人にも吠えなくなりますが、
あまりにも甘やかしすぎると、それを逆手に取り
攻撃的になることもあります。

子供や他のペットともすぐに仲良くなるので、
多くのペットを飼いたい方には推奨される犬種です。

パピヨンのシャンプーの仕方

パピヨンは美しい被毛が魅力で、美しい被毛を保つための
飼い方として、定期的なシャンプーが大切です。

人間用のものはやめて、犬専用のものを用意しましょう。

小型犬なので1回に使う量は少しで良く、質の良いものを使うと
毛質のためにもなります。

まず、よくブラッシングをして、毛玉やホコリなどを
取り除いてあげます。

次に、身体をお湯で濡らし、35~38度ぐらいのぬるま湯で洗いましょう。

シャワーの勢いは弱めにし、お尻や後ろ足の方から
シャワーをかけていきます。

顔はシャワーの勢いを弱めにし、鼻や目、耳などに入らないようにします。
シャンプーはよく泡立ててから身体に付けていきます。お風呂

目や耳に泡が入らないようにし、全身に行き渡るように洗いましょう。
すすぎはきちんと行い、お湯できれいに落とします。

すすぎ残しがあると、皮膚病などになる可能性があるので
丁寧に洗い流すのが大切です。

タオルで優しく、しっかり乾かし、優しくポンポンと拭きましょう。

ドライヤーは30cmぐらい離して使用しましょう。
皮膚に近すぎると、やけどする可能性があるので、
手ぐしをしながら乾かします。

ブラッシングできれいに仕上げ、ツヤのある美しい毛質を
保つことができるでしょう。

パピヨンの美しいコートを維持するために、
定期的なシャンプーを行うことが大事です。

慣れないうちは嫌がるかもしれませんが、愛情を持って
丁寧に優しく施していると、次第にリラックスして
慣れてくれるでしょう。

清潔感

パピヨンに無駄吠えさせないために

パピヨンの飼い方で、無駄吠えが多く困っている飼い主さんがいます。

無駄吠え

近所迷惑にもなるのでどうにかできないかと、
いろいろ調べている方も多いでしょう。

なぜパピヨンが無駄吠えするかについては、
警戒心を示していたり、何かを要求していたり、
何かを飼い主さんに知らせていることがあります。

パピヨンはもともと吠える子が多く、小さな頃から
甘やかしていると、いろいろと要求することが多くなり
無駄吠えを繰り返す子がいます。

飼い主さんはその要求に応じていると、
甘えがエスカレートしてしまい更に吠えるように
なっていくでしょう。

大切なのは要求に応えずに無視することです。

例えば10分くらいサークルに入れて無視してみたり、
しばらく放っておきます。

するとパピヨンも吠えるのに疲れてしまい静かになるでしょう。

それでもおさまらないなら、飼い主さんが部屋を出てしまう
方法もあります。

部屋を出てしらばらくして静かになるとまた戻って来て、
スキンシップをとってあげるのが大切です。

飼い主さんにとってもトレーニングのような感じがしますが、
繰り替え行っていくことで吠えることをやめていくでしょう。

子供の頃から吠える前に遊んであげたり、抱っこしたりすると
効果的で、早めに学習することで後のしつけが楽になります。

早めにしつける

警戒心から吠えているようなら、例えばお客さんが入って来て
吠える場合、飼い主さんがきちんと吠えるのを止めさしたり、
スキンシップなどをとって落ち着かせることによって
吠える必要がないことを教えていくことが大切です。

パピヨンのトイレのしつけ方

犬は性質上、トイレを同じ場所で行う習性があり、
寝床では用を足しません。一度その習慣を覚えると
その場所を探すようになります。

パピヨンの飼い方として子犬が家にやって来た時から
しつけを行いましょう。

まずサークルなどのトイレとなる場所を用意します。
用を足したくなったら、ペットシーツの上でさせ、
うまくできたら褒めてあげましょう。

きちんと褒める

最初にうまくシーツの上でできないなら、シーツの割合を
多めにしたり、成功率を高くしていきます。

うまくシーツにできたら褒めてあげ、この工程を繰り返します。

次第に慣れてくると、シーツの割合を少しずつ小さくしていき、
ピンポイントで行わせます。

うまくできたらとにかく褒めることが大事です。
パピヨンがペットシーツ=用を足す場所だと認識すると、
訓練はほぼ終わります。

トイレのしつけ

サークルの外で遊んでいても、用を足したくなると
サークルに戻って来るようになります。

慣れるまではペットシーツを他の場所などに設置したりして、
どこでも用を足しやすいようにすると覚えやすくなります。

もし失敗しても叱らないで、長い目で見守ってあげましょう。
失敗して叱ると、パピヨンは用を足すこと自体を
怒られていると勘違いしてしまい、隠れて用を足すように
なるケースがあります。

失敗した場合、その場所を見られないようにして、
ニオイが残らないようにクリーニングしましょう。

用を足しやすい時間帯にトイレ用のサークルに入れて、
用を足すまで待つという方法もあります。

大切なのはうまくできたら褒めることです。

パピヨンのための正しい散歩の仕方

小型犬のパピヨンは、とても元気で軽快な動きが
愛くるしいと愛犬家たちの間でも高い評判を集めています。

人懐こい性格で明るくお調子者ですので、家族の一員としても
愛されているのです。そのようなパピヨンを飼い方には
注意するポイントがいくつかあります。

散歩させる

足腰に負担をかけすぎないよう散歩する際は
アスファルトよりもできるだけ土や芝生の上を
歩かせるよう心がけると、安心です。

また、暑い日には脱水症状を起こさないよう
こまめに水分を飲ませるようにしておくことも必要となります。

パピヨンは暑さに弱いため、室内では温度管理にも
気をつけなければなりません。

暑さに弱い

クーラーや扇風機を上手く活用することによって、
快適な環境を整えてあげることが肝心なのです。

食事は消化の良いドッグフードを選んで多く与えすぎることの
ないよう配慮すると吐き戻しもなく安全です。

定期的に耳掃除を行うことによって、常に清潔な状態を
キープすることが可能となります。

さらに、毎日の便が柔らかくないかチェックしておくことも
健康管理に役立ちます。

このように、愛犬がいつまでも元気で過ごしていけるよう
飼い主がしっかりと管理して気を配っておくことが
何よりも重要なのです。

毎日散歩させることで犬のストレスを解消して
無駄吠えを防ぐことにもつながっていきます。

たっぷりの愛情を注ぐことによって、幸せな家族を
作れるのです。毎日の食事や運動、スキンシップを
バランス良く組み合わせることが大切です。

パピヨンの留守番のさせ方

パピヨンをお留守番させるためには、長期的なトレーニングが必要です。
いきなり置き去りにして出かけると、不安行動にでることがあります。パピヨン大好き

たとえば、留守番デビューさせたい数ヶ月前から
少しずつ慣れさせていきましょう。
短い時間から初めて徐々に長くしていくことがポイントです。

一般的に飼い主が出かけるときはゲージに入れます。
ゲージに閉じ込めてかわいそうと、感じる人もいるかも
しれませんが、狭い環境の方が落ち着きます。

最初に行うことは、ゲージに慣れさせることです。
ゲージの中が安心できるところだとわかれば、
落ち着いて過ごせるようになります。

実際に飼い主が出かけるときは、あえて声をかけないようにしましょう。
声をかけると、出かけることがわかって余計に不安になるからです。

むしろさりげなく、トイレにいくかのようにして出かけます。
そうすることで、すぐに戻って来ることを理解できるでしょう。

飼い主がいない間は特に、パピヨンが快適に過ごせるような
環境に整えておくことが肝心です。

落ち着く

部屋の温度を適切に保ち、餌や水があるようにします。
退屈しないように、おもちゃを与えておきましょう。

留守番の様子を確認できるようにカメラをセットする人もいます。
電子端末を使って、様子を確認することができます。

パピヨンも集団行動を好む傾向があるため、
孤立させないような飼い方が必要です。

ひとりぼっちになると不安になるのは自然な反応ですから、
長期的なトレーニングを通して慣れることができます。